先日、購入したドライブマンを装着して見ました。

車好きの癖に運転するのも工作するのも苦手なワタクシ(笑)ACC電源を取るのに近場のオートバックスに依頼して見ましたが黒豚号(BMW)ではいつも拒否されます。何か嫌われてるのかなぁ… そんな訳で堺にあるBMW専門店まで出向いて工場長さんにお願いしまして通常の4分のイチの工賃(と仰ってましたが)2,000ドルで配線ブチかまして頂きました。

あとは土台を3Mの強力両面テープでフロントガラスに固定して出来あがり。

早速夜間撮影に挑んだ訳ですけど何これ?凄い解像度です。上記の画像はブログ用に若干圧縮を掛けてますが実質1280×720のハイビジョン映像。左隅が少し黒ずんで見辛いですがBMWのルームミラーには純正のETCユニットが内蔵されておりセンサー部分が結構巨大にフロントガラスを覆います。それと取り付け位置少し右側には地デジアンテナ4×4の一部が既に装着済みのためドライブマンの設置はこの隙間に限定されてしまったので、かなり魚眼レンズなドライブマンではすぐ横のETCユニットが映り込むと言う感じです。

しかし記録自体に問題は一切無く有事の際には証拠動画としてかなりの威力を発揮する事でしょう。もう、地元のオジサン、オバサン自転車で特攻隊しないで下さいね(笑)

これまでのドライブレコーダーは衝突時の衝撃を感知して前後数分間の録画しかもVGA動画640×480が主流でしたがACC電源から通電する事によって乗車中は常に録画されている事になります。万が一の場合はSDカードを保存するだけで証拠取りOK。ま、これからも安全運転にはかわりありませんが。そんな便利なドライブレコーダーが実質2万ドル以下ですから超お買い得じゃ無いでしょうか(爆)


*テスト動画(音がしますのでご注意ください)