新春のお慶びを申し上げます。

皆様にとって良い一年となりますように…

TENTYOS宅では大晦日、毎年恒例のすき焼き大会が開催されました。

うちのすき焼きは基本、お肉とエリンギのみ(笑) 今年は参加者の要望もありまして「ふ」と長ネギ、椎茸を追加しました。

 

お節は業者から頂いたものを…

「東京風俗志」(明治34年)によると煮物のお膳料理を「おせち」、祝い肴を重詰めしたものを「食積」と呼んでいる。現在は重箱に詰めた正月料理をお節と呼ぶようになったそうでございます。子供の頃、極貧家庭に育った自分は正月3が日だけお腹一杯食べられる「お雑煮」の方が好きだったんですけどね。

そんな訳で職場でも元旦から従業員全員がお腹一杯食べられる様、女性事務員さんは大晦日の出勤後から準備を始めます。今年も美味しく頂きました(先ほども朝から餅3つ入りで爆)

今年は何故かとても良い年になりそうです。