久しぶりのブログ更新…

懲役喰らってた訳では無い。結構仕事が忙しくて長らく放置してたけど原点に戻ってまた自分のブログ(Life Log)を綴る事にしたいと思う。今回一緒に九州旅行に同行した叔父は元本田技研2輪部門のカタログデザイナーだった時代がある。その後独立してデザイン事務所を立ち上げるもくも膜下出血を患い苦労を重ねて今に至る。そんな叔父73歳に「ブログを再開して下さい」と今回お願いした訳もあって自分のLife Logも復活と言う訳だ。

5月某日、泉大津港の阪急フェリー乗り場に5時半乗船の為車を走らせた。阪急フェリーひびき

 

 

フェリーではもちろん九州に帰るのは実に28年振りくらいの快挙であった(笑) 当時はサンフラワーと言うフェリーに乗るのが当然であったのだが最近ではこの阪急フェリーが一番グレードが高いそうだ。今回弟夫婦、叔父が2人、叔母が2人と複合の旅になった為、行きの部屋はデラックスシングルしか取れなかった。デラックスと言っても窓も無い独房タイプで出航してしまって後ドアを閉じるとdocomoの電波が届かない(汗) 5シリーズのBMWと乗船して24,000円程度だ。泉大津を6時過ぎに出発し新門司港に朝6時過ぎに到着するのだがあまり早く着いても時間の調整が難しい為、我々一行は約2時間遅れて下船出来るステイを申し込んでおいた。これで少しゆっくりと寝れる。ステイ車両

デラックスシングル

 

出航し暫くすると綺麗な夕日が拝めた。

ヱビスビールの500mlを片手に柄にも無く感傷に浸るのであった(笑)夕日

 

 

更に夜は更け多分、瀬戸大橋(与島→香川県)の下を通過したのだと思う。

手持ちなのでこれが精一杯…瀬音大橋

 

 

乗船直後は行列が出来るレストランも21時頃には空きが目立ち始めた。その頃を見計らって夕食にする。フェリーの中では夕食も朝食もバイキング形式だけどこれが意外に値が張るのである。甲板で缶ビール3本ほど飲んでたので気の利いた酒があった事も有りいきなり日本酒、奈良の銘酒【春鹿】をチョイス。船内のバイキングに味を求めてはいけない。それは分かってるけどこのプレートでほぼ4,000円の夕食…夕食バイキング

 

 

 

ほろ酔いでレストランを出ると船内ライブを開催してた。

船内ライブ

 

もうそろそろ演歌の年齢な俺にとっては少し気品があり過ぎる音楽だwww

子どもの頃、家族で良くフェリーに乗った頃は船内の大きさにびっくりするしワクワクするしで今回も巨大な船内を思い浮かべてたけど大人になって乗って見ると案外こぢんまりとした船内は室内で呑むアルコールの調達の為に売店と行き来するだけの広さであった。明日九州上陸後は特にあても無く宿泊予定の佐賀県古湯温泉ONKURIに向かうがてら志賀島に観光に立ち寄るつもりだ。志賀島は1784年(天明4年)、甚兵衛という志賀島の農民が田んぼを耕している最中に金印(漢委奴国王印)を偶然発見したとされ当時の中国皇帝から贈り物を貰った凄い奴がこの地に居たと言う事であろう。今は観光スポットで渋滞が心配だが…

 

九州上陸に続く
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

余談だけど今回旅行するにあたってハンドフリーで使えるウエストバックの購入を色々と研究して見たんだ。オロビアンコってメーカーが最近流行りの様だが旅行が終わって仕事にも使いたいので吉田カバンを買う事にした。まず最初に買ったのが結構珍しいタイプ、コブラン織りのPORTER VERVE  約1.5万円Porter Verve

 

デザインは抜群なのだが思ってたより収納が厳しい、今回車のカギ、ボッティガの財布、デジカメ(RX100)、iPhone、そしてポータブル充電器を入れたかったが入るには入るが腰に回すと出し入れがキツイ。そんな訳でもうひとつ試しに買って見た。PORTER TACTICAL ボディバッグ

 

PORTER TACTICAL ボディバッグ・値段はこちらの方が若干安い。収納力もほぼ互角だけどクラッチタイプでも使えるので出し入れでは断然こちらの方が良い感じがした。しかし最近ポーター買い過ぎの感が…